「味処叶(かのう)」の味噌カツ丼

707dqlod

名古屋と言えば味噌カツ!

とはいうものの、まだ本格的な味噌カツを食べたことがなかったので、出張の途中で立ち寄ってみた。

広小路から、名鉄メルサと丸栄の間を南へ曲がると路地の入り口で看板が迎えてくれる。

店内は意外に狭いと思ったが、2階もあるらしい。12時ちょうどに着いたので、客は私一人だったが、すぐに1階は満席になってしまった。

この店が元祖だという「味噌カツ丼」(¥1050)を注文。お昼最初の客だったせいか、すぐに出来てきた。

思ったよりも小ぶりな(吉野家の並牛丼よりやや小さいか?)器に、しっかりと味噌か絡んだかつが食べやすい大きさに切って並べられ、まん中に玉子の黄身が落としてある。

最初はカツだけを一口。濃厚な八丁味噌の味が口中に広がり、「名古屋だ〜!」と思う。

黄身を崩し、カツと絡めて、その下の飯と一緒にほおばってみる。味噌の味が濃いので、あまり玉子の味を感じない。

カツは揚げた後、味噌で煮込んでいるようで、衣は完全に味噌が染み込んでいる。

いわゆるカツ丼とは全く別の食べ物。究極の名古屋味を体験してみたい人は是非。

名古屋市中区栄3−4−110(日、祝定休)
052−241−3471

Yms4gak3

小奇麗な外観

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック