はじめてのワカサギ釣りはほろ苦味?

木曽川上流の自然湖と呼ばれる湖は、昭和59年に起こった長野県西部地震で川の一部がせき止められてできたという。湖のそこここに立ち枯れの樹木が点在する不思議な光景を撮影しに来るカメラマンの姿も多い。

一度はやってみたいと思っていたワカサギの穴釣り。この自然湖でワカサギが釣れると聞いて、是非行きたいと思っていたのだが、昨年は暖冬のため氷が張らず断念。今年は厳冬で氷も十分ということで、一年越しで念願が叶うことになった。

前夜から木曽福島駅前の旅館「つたや」さんに宿泊。朝5時の出発で自然湖へ向かう。案内してくれるのは地元のO師匠と、同僚のTさん、Eさん。

夜明け直前の午前6時過ぎ、いよいよ湖へ降りる。すでにテントを張っている先客がいるので、そこから少し離れた場所にポイントを設定。早速O師匠が持参のドリルで氷面に穴をあける。

H079qw0b
自然湖の夜明け。平日というのに、数人のカメラマンが朝日を狙っていた。

Uzl769dz
今年の氷は20cm以上の厚さ。O師匠が持参のドリルで穴をあける。

F9yjot5d
Sampeiも穴あけに挑戦。けっこう力を使います。

1psvubd7
師匠手作りのワカサギ竿。ほんの20〜30cmほどの長さです。

仕掛けは7本針。針に餌の赤サシを1個づつ付けて投入!期待に胸をふくらませながらアタリを待つ。

























































・・・・・・
























アタリがない!









1時間ほどアタリを待つが全くアタリがない(T_T)




自然湖は釣れないからね〜
と師匠。



なぬ? 釣れないのぉ???

サイズはいいけど、数は釣れないから・・・

テントを張っていた先客さんは師匠の知り合いらしいので情報交換。

午前2時に穂高を出発して釣りに来ているという。
「ぼつぼつ釣れてるよ。」と見せてくれたテントの中にはワカサギにしては大きい10〜15cmクラスが7〜8尾。

こっちの方がいいかもしれないよ、というお言葉に甘えてテントの近辺にも穴をあけさせてもらい、再度挑戦。

我々が来るからと、仕事前にちょっと寄ってくれた地元の釣り師が1尾釣りあげる。


Sampeiも仕掛けを落として、アタリを待つ。

しばらくしてアタリがないので仕掛けをあげてみたら、魚が付いている・・・・!
まったくアタリが分からなかった(^^;;;;;

しかし、よく見てみるとワカサギとはちょっと違う。5cmほどのウグイの仔だ。

外道とはいえ、穴釣りでの記念すべき1尾。

Qduumphz
記念すべき1尾目は外道のウグイ(^^;


Nss4ypaa
渋い中、O師匠はさすがの良型をゲット

さすがに師匠はぽつぽつとゲット。先客の方はワカサギとは思えない17cmの良型を揚げるが、あとが続かない。11時までがんばったが、これではお土産どころか昼飯にもならないと、移動を決意。

Zyvrj4v1_s
自然湖での全員の釣果。なかなか厳しいです

しばらく川を下り、サイズは小さいが日中でもけっこう釣れるという師匠の秘蔵ポイントへ移動。ところどころ水面が見えて、氷は自然湖よりかなり薄いようだ。

氷を割らないよう、前の人の足跡があるところを慎重に選びながらポイントを決める。


仕掛けを落としてみると、いきなり2尾ゲット[E:smile]
しかし後が続かない・・・



Bkkwnj0w
ポイント移動してやっと2尾ゲット

周りを見回すと、次々と釣りあげている人がいる。やはり腕の差か?話を聞くとほぼ毎週きているという。まさにワカサギ名人。こういう時は教えてもらうに限る。

すぐ横に穴をあけさせてもらい、話をしながら釣ってみるが、名人が10尾釣る間にSampeiは1尾・・・(T_T)
見かねた名人が「ちょっと見ていなさい」と、アタリを取るタイミングを教えてくれる。

じ〜〜   っと見ていると、ス〜っと竿をあげた糸の先端に魚が付いている。

う〜ん・・・じっと見ていてもアタリが来たのが分からない??? なにしろ5cmほどの小さなワカサギ。ほんのわずかな糸の動きで見極めないといけないのだ。

わからないながらもやってみる。しっかりしたアタリを感じてアワセた時には決まって空振り。はっきり感じるのは餌を離したときなので、最初にわずかな引きがあったときにスーっとあげてやらないといけないらしい。

失敗を繰り返し、最後の最後でやっと「クッ、ときて ス〜」っという感覚で釣ることができた。

しかし、残念ながらここでタイムアップ。なんとかアタリの取り方を会得できたのでよしとしよう(^^;

釣りたての獲物は師匠たちが用意してくれたキャンピングテーブルとカセットコンロで唐揚げパーティーに。サクサクとした唐揚げは評判どおり苦みが少なく、まるで白魚のような味でした。

Yz3ohhu4
E氏もなんとかボ○ズは免れて笑顔

Bkam_cun
T氏はラストスパートで2連を繰り返し、通算12尾ゲット

0tiqss2q
師匠もさすがの2連ゲット!

Mjymfw2a
唐揚げ「自然湖」バージョンはかなり大きめ。フライパン(28cm)と比べてください。ただし、一番大きいのはウグイ

G5rpib0e
移動したポイントでの全釣果。4人でこれだけですが、なんとか満足できました(^^;

正直、ワカサギ釣りがこんなに難しいものとは。移動したポイントではかなりアタリがあったにもかかわらず、5回に1回くらいしか釣り上げることができなかったし、自分ではアタリと感じることができなかったアタリもあったはず。

竿の感度、重りの重さ、仕掛け等も自分で選んで再挑戦してみたい。そして次回は釣り上げるそばから唐揚げに・・・[E:restaurant]


この記事へのコメント

  • 管理人でぶまさとクラブ員達

    ワカサギ釣りですか!穴掘るワカサギ釣り私も体験してみたいです。こちらでは凍る湖ないしね〜佐中ダムか余呉湖に行きたいな〜と去年から思い月日が流れてるのですが・・・釣りたてワカサギは美味いんでしょうね![E:smile]
    2008年03月04日 15:25
  • Sampei

    いや、ホントに美味しかったです。でもとにかく、氷に穴を掘ってする穴釣り体験は何物にも代え難いですね。天気が良かったのでなおさらすばらしかったです。思い切って行かないと!!
    2008年03月04日 20:24
  • 藤原きよみ

    氷上ワカサギ釣り!昨年キャッツガールズでも行ったそうです^^/私は北海道で5年前です。気温は−13℃。氷も厚くて穴がこおっていくんですよお。でもワカサギも釣れたらすぐ氷ったので陸に上がってから天ぷらで食べた新鮮な味はわすれられませんです^^
    2008年03月23日 22:29
  • Sampei

    ほんと、穴を開けてもしばらくしたらシャーベット状に凍ってくるんですよね。穴あきお玉で氷をすくいだしながら釣ってました(^^;新鮮なワカサギをその場で食べる美味しさはひとしおですね!!
    2008年03月23日 22:38

この記事へのトラックバック