上海二日目(7月20日)その2

午後は上海博物館を見学。

Img_2716_2 

上海博物館で見つけたラブリーなナマズ

 

この日の最高気温は40度!

博物館は、空港同様の手荷物検査があり、入場までに15分以上待たされました。

 

Img_2704

上海博物館は近代的な建物

 

Img_2712

印章・印璽の部屋で見つけた亀
幸運を呼ぶと言われているだけあって、亀をかたどった印章は多いです

 

Img_2739

いまいち可愛くないですが、コイですね

 

博物館の後は、政府直営(?)というふれこみの宝物館。

瑠璃(るり)や翡翠(ひすい)などの宝玉、白檀(びゃくだん)などの香木で作った彫刻の数々は見応えがあったけど、

「この棚にある彫刻は国の宝です。6点全部で通常価格600万円のところ、今日は特別に100万円。しかも料金は日本での鑑定後、後払いで日本までお送りします!!」の説明には思わず笑ってしまった。

 

Img_2745

宝物館はこの上海展覧中心(展覧センター)にある

 

次の観光場所は「楽天地」。租界時代の建物を修築して再開発した、最近人気のトレンディー・スポットだそうだ。

都心にあり、土産物店も現代的でハイセンス。

良さそうなレストランもあったので、ここからツアーと別行動を取ることにした。

Img_2767

ガイドブックも参考に、このレストランで食事することに

 

Img_2752 

これは「付き出し」。ちょっと甘辛い叉焼みたいなもの

  

Img_2754

店内はかなりシックで落ち着いた内装

 

Img_2755

紹興酒で蒸した「酔っぱらいエビ」。上はもろみ状になった米

 

Img_2758

お待ちかねのアワビ。酒蒸ししてスライスしたもののようです

 

Img_2762

フカヒレの食感がはっきり感じられる濃厚なスープ。絶ウマ!

  

Img_2764

大エビの唐揚げ。頭もほとんど全部食べられる

  

Img_2766 

店のお姉さんお勧めの肉チャーハン。
上海でこれまで食べたチャーハンは薄味で物足りなかったけど、
これはちゃんと味が付いてます。

 

それぞれ一人前づつ頼んで2人でシェア。

お酒はアサヒビールの小瓶1本と紹興酒500ml(残りは持ち帰り)

〆て1万円くらい。十分満足できました。

 

食事の後はオプショナル・ツアーの「上海雑伎団」。これはなかなか見応えがありました。

ただ、まだ小学生か、せいぜい中学生くらいの男の子が椅子を積み重ねて、背丈の4倍以上もありそうなところで芸をするのは

「もう、それ以上やらないで!」

と言いたくなってしまいました。

 

Img_2769

上海には何カ所も雑伎団の劇場がある

 

Zatugidan

演技中は撮影禁止です。右から2番目が椅子の上で芸をする男の子

 

舞台は7時半から9時の予定だったが、ツアー客が遅れてきたためか、実際に始まったのは7時45分頃。終わってホテルに戻ったのは10時近かった。

このアバウトさも上海ならではということか。

さすがに疲れてシャワーだけあびて就寝。

 

3日目に続く ・・・

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック