家近でハゼ釣り

最近始めた朝のジョギングの途中、家から一番近い川べりで釣りをしている人を見つけた。

何釣ってるんですか? と聞くと「ハゼですよ」との返事。

 

そーいえば、何年か前だけど釣り新聞に出ていたなぁ、と思って連休最終日に出撃。

実はハゼ釣りってやったことがなかったので、あり合わせの磯竿に、前日に買った1号の糸突き針(赤ハゼ)+青イソメと見よう見まねでやってみる。

  

Img_0011

Img_0012

同じ近所の別の川ではボラの親子が競演(前日)

  

朝行ってみると、かなり潮が引いていて水深は10cmあるかないか。

先客は「釣れないよ~」

海からは1kmくらい上がったところなので、下げ潮の時は塩分濃度が薄すぎるのか全く喰わないらしい。

 

幅5mほどの小川なので対岸でスタート。

しかし ・・・ 本当に釣れない。

30分ほどしてやっとアタリがあったのに、はじいてしまう。

やっぱり磯竿では固すぎるのか、と思ったが、これより柔らかい竿は持っていないのでそのまま続ける。

 

さらに1時間、だんだん潮が上がって来て対岸の親子連れは調子よく釣り始めた。

みるみるうちに10匹くらい釣り上げる。

 

う~ん、なんで釣れないんだ・・・???

 

それでも粘っているうちにやっと1尾。

これで吹っ切れて対岸に回り、親子連れにどこが違うのか聞いてみる。

どうも仕掛けは同じようなものらしいし、なんとその親子も始めてのハゼ釣りだという。

 

単に向かい側の魚にやる気がないだけなのか?

と思って隣で竿を出させてもらったらすぐ釣れた (^^;

 

とりあえず納得がいったので、朝の部はここで納竿して朝食のパンを買いに走る。

 

Img_0018

朝釣り上げたハゼは水槽で今も元気です

 

 

Img_0020

水槽に写った自分とにらめっこ

 

日中の用事を済ませ、午後5時前から日没まで再度挑戦。

途中でかいボラが喰って引っ張り回された挙げ句糸を切られるトラブルがあったものの、朝よりは順調に釣れてなんとか満足できました。

ちょっと可愛そうだけど、4匹だけ唐揚げで味見。

頭を落として軽く開き、150度で5分揚げた後、180度で1分。

ホクホクした身で骨もカリっと揚がり、ビールにぴったり。

 

 

Img_0004

 

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック