松山沖タチウオを求めてプチ遠征

Sany0030

OCEAN森崎船長を囲んでの集合写真(Sampei撮)

Sampeiが加入している釣りクラブ、OPA!(オーパ!)では毎月例会を開催している。

 

今回は幅が指10本ほどもあるドラゴンサイズのタチウオが釣れることで有名な松山沖のタチウオパラダイスに挑戦することとなり、呉から出航する”OCEAN”の森崎船長にお世話になった。

 

呉までの同行はいつも遠征でご一緒するしんのすけさん。車を出してくれたので楽チンだが、400km、往路の深夜でも4時間以上、帰りは5時間を超えるの近いロングドライブになるのがちょっと大変。

 

7時出船でポイントまでは50分程度。森崎船長に情報を聞きながら到着を待つ。

すでにポイントには大船団が。以前乗せてもらったことのある安芸のAKIⅢやピラールⅡの姿も見える。

 

Sany0026

タチウオパラダイスに大船団が集結

 

Sany0001

最初の1本を仕留めたのは去年からのラッキー・ガイ にっしゃん

 

Sany0003_2

この日の大物賞をゲットした井内さん、最初のビッグサイズ

 

Sany0005

幹事のたむさん(左)は2本と不発。Sampeiも4本と、はっきり差が出ました

 

Sany0006

いつも元気なOPA!メンバー(笑) 

Sany0009

う、便器に○○が届かん!ギロチンや~(爆) 

 

Sany0015

勝利のXサイン?

 

Sany0021

くろだ老師も良型をゲット

 

Sany0022

ロッドが大きくしなり、すわ、ドラゴンかと思ったら・・・

Sany0024

なんとビッグサイズのホウボウでした

 

Sany0025

ささき会長もソツなくビッグサイズをゲット

Sany0027Sany0028

釣れた人のクーラーの中はこんな感じ

 

この日の釣果はいい人でドラゴンサイズ(指5~6本)2、3本を含む十数本といったところ。全体的にはトモ側の方がよく釣れていました。

7時出船で帰港が4時すぎ。実釣8時間弱のロングフィッシングなので、よく釣れた、という感じではなく、工夫しながら釣れるときに上手に釣った人がなんとか10本を超えたという感じでやはり技術と経験の差が出たようです。

 

まだ2度目の挑戦とはいえ、またドラゴンサイズには出会えなかった。

でも、刺身・ユッケに塩焼き、バターソテー、骨せんべいに天ぷらと太刀魚三昧は持ち帰った4本でも十分楽しめました。

 

う~ん、遠いけどまたリベンジ行きます!!

この記事へのコメント

  • 鳥羽もそうですが南のタチウオはでかいですねー。
    天ぷらうまそうですね。今度やってみよ。
    2010年02月14日 15:27
  • Sampei

    秀さん毎度~
    本当に大きなやつがいますね。ぢぶんでは釣ったことないけど(;_;)

    広島よりは鳥羽の方が近いから、今度はご一緒させて下さい!
    2010年02月15日 08:06

この記事へのトラックバック