初秋の釣り日和に釣り三昧

やっと秋らしくなってきた9月26日、加古川から出船しているミタチ丸さんに乗せてもらいました。

 

6時出船で日没の午後6時帰港という長丁場。ミタチ丸は船長のキャラクターもあり、初めてのお客さんとでもすぐに親しくなれる。

  

Sh3f0055

日の出を見ながら鹿の瀬に向かう 

 

朝一番はハマチ狙い。久しぶりにジグを投げ倒すが、2流しに船中1尾くらいのペースでパラパラと拾い釣りする感じ。Sampeiはシャクり方が合わないのか、全くアタリなく終わってしまった。次のポイントに期待!

 

ハマチが終わり、サゴシ狙いのポイントへ移動。ハマチと同じジグに今度はいきなりヒット!

40cmほどのサゴシ、そしてタチウオ。 

 

Sh3f0056

いきなりヒットした最初のサゴシ

 

ここで船長が実演指導に登場(笑)。なぜか船長のシャクりだと次々ヒットする。

Sampeiはタチウオメインで、たまにサゴシが混じる程度。しかも船縁で2本連続取り込み失敗(泣)

 

それでも船中全員がお土産を確保したところでタイカブラのポイントへ。

最初は明石大橋西側の水深30mほどのポイント。

お隣でジギングは初めてという餌師さんがエビ餌の一つテンヤを始めたので、もの珍しそうに見ながらカブラを上下させていると、またまたいきなりヒット!

 

PE0.8号に3号のリーダーなので慎重にやりとりしてあがってきたのは45cmのきれいなマダイ。ついにカブラでマダイと言えるサイズを釣りました。うれし~!!

  

Sh3f0057

カブラマダイで念願の良型ゲット!

 

次にヒットしたのは、親子釣れで乗船されていた息子さん。どうも引きが違う。船の周りを一周して船長がアシスト。あがってきたのは63cmの立派なメジロ。Sampeiも07年12月に同じポイントでカブラでメジロを釣ったが、そのときもミタチ丸さんだったので、思い出がよみがえる。

 

Sh3f0058

Sh3f0059

15分ほどの格闘の末上がってきた立派なメジロ

  

潮が変わってマダイを切り上げ、再び青物ポイントへ移動。やはりハマチは喰いが悪いので、サゴシとタチウオを中心に狙う。

またまた実演指導(?)していた船長に不思議な魚がヒット。45cmほどあり、サッパやニシンを大きくしたような形だが、船長も見たことがないという。Sampeiは以前やはり明石で同船の人が釣ったことがあったが、やはり名前はわからず。

その後詳しい人に聞いたところ、やはりニシン科の魚で「ヒラ」というそうです。岡山などではふつうに食べられているとのことでした。

Sh3f0060

ニシン科ニシン属「ヒラ」。骨切りして塩焼きが旨いそうです

 

Sh3f0061

サゴシは船中約30本の釣果

 

Sh3f0063

真鯛、メジロ、ハマチ、シオも混じりました

  

7b3c18c2s

帰港したときにはもう真っ暗。
この写真はミタチ丸の釣果速報ページから拝借しました。

  

なんとか1本くらいは大きなサワラも釣りたいと、最後まであちこちのポイントを回ってくれましたが、どこへいっても圧倒的にタチウオが優勢で、たまにサゴシが混じる状態で、夕暮れを迎え納竿。

いやぁ~楽しめました!

長丁場なので、日曜に乗るとちょっと月曜日のことが心配やけど、それも忘れて思いっきり楽しんでしまいました。

 

ミタチ船長、ありがとうございました!また乗せてもらいに行きますね ^^/

 

帰って速攻で夕食の準備。サゴシは脂が乗っていて、こまめに包丁をぬぐわないと切れないくらい。当日しか食べられないので、残りはきずしを作ってみました。

 

Sh3f0064

当日は遅めの夕食。左はサゴシのタタキと刺身。右はタチウオのネギポン酢。

サゴシのタタキは最高!マグロのあぶりトロより旨いですよ!

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

あたりをもうちょっと掛けることができれば・・・。9月26日ジギング船釣果です。
Excerpt: 今日の釣果(ジギング) サワラ2本(80~81cm)・ハマチ103本(35~50
Weblog: 釣り船 魚英 兵庫県明石市より
Tracked: 2010-09-30 17:14