初釣りは沼島の石鯛で

Sh3f0182_4

今年は忙しかったのと天候にもはばまれ、2月も後半になってやっと初釣り。

 

昨年秋のアオリ釣りで初めてご一緒したKさんと、沼島の勇清丸 に乗船。

 

狙いは冬の勇清丸名物「ハス(石鯛の地方名)」

石鯛は幼魚の時はサンバソウと呼ばれ縦縞があるが、雄は成魚になるとこの縞模様が消えて全身真っ黒になる。磯釣りでは幻と言われるくらい難しい釣魚だが、ここ沼島周辺では手軽に狙えるので人気が高い。Sampeiも毎年冬場に一度は行きたい釣りの一つです。

 

朝3時半にKさんにピックアップしてもらう。

今年は勇清丸に活き餌のウタセエビが入荷しないということで、明石の釣り餌屋に寄って調達してから一路南あわじの土生港へ。3時半出発、餌を調達し、南淡三原ICを降りてすぐのコンビニに寄って港に到着したのが6時。

 

6時半に出船。ポイントに着いたら5本針に餌をセットし、サブマリンのカゴに撒き餌用のウタセエビを4匹ほど入れて投入。

 

すぐにアタリはあるが、上げてみるとエビだけかじられている。フグやカワハギの餌取りが多いらしい。この餌取りをかわして本命に喰わせるのがこの釣り。

 

何投かしていると、「ククッ」と小気味のいいアタリ。あがってきたのは手のひらちょっとくらいのサンバソウ。このサイズでもちゃんと最後までファイとしてくれるのはやっぱりイシダイ。

 

船釣り2回目のKさんは底が取れずに苦労している。錘を100号に変えてみるようにアドバイスして底取り成功。 

なんとか落ち着いて釣り始めることができた。

  

Sh3f0180_2

初イシダイ挑戦で真剣な表情のKさん 

 

 

次のアタリはもう少し大きいサイズ。やっぱり引きがいいですね(楽)

  

Sh3f0181_2

Sampeiの今日イチは22cm・・・ 

 

しばらくすると、Kさんの竿が大きくしなる。いよいよ来たか?
リールが小さいので巻き上げるのに苦労してるなぁ・・・ と思っていたら、あがってきたのは縞模様も消えかけた37cmの今日イチ大本命!!!

 

この後はSampeiがガシラ、Kさんが手のひらちょっとサイズを1枚追加しただけで、後半は餌取りの猛攻に会い撃沈。

 

あと2、3枚釣れたら満足やけどね~、といいつつ、Kさんのビギナーズラックに喝采。

淡路SAでタマネギラーメンを食して午後3時帰宅。

  


Img_0005_2

刺身、煮付け、塩焼きの定番3種。
イシダイは食べて美味しい魚の代表格です。

 

Img_0001_2

サンバソウの皮の湯引きネギポン酢。ゼラチン質が旨い!

 

Img_0004_2

今夜は手巻き寿司。丼は左からイカナゴの新子、納豆、ネギトロ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック