初めてのフグ釣りに挑戦

関東では以前から盛んでこの季節の風物詩にもなっているショウサイフグ釣り。最近、知多半島や鳥羽など中部圏でもフグ釣りをさせてくれる船があると聞いて、初挑戦することに。

 

誘ってくれたのはウタセマダイの師匠、なおチュウさん。昨年からフグ釣りを始め、今シーズンは6回目のフグ釣行という猛者です。メンバーは、なおチュウさんの他、トッキーさん、秀さん、ぷるるさん、西さんと、今回はじめてご一緒するKさんの7名。

 

5時に鳥羽のエサキチ集合とのことで、2時半に家を出て4時半エサキチ到着。新名神のおかげで三重もだいぶ近くなった。

 

ろくに準備もできなかったので、エサキチでフグ仕掛けを2枚と、替えバリそして試しにカットウ釣りの仕掛けも購入。

 

なおチュウさんから、釣り方のアドバイスをいただき釣り開始。

 ・ 底を取ったら、まず底を叩くように穂先を鋭く上下する。
 (こうすることで魚が食いたい、けど食えない、という状態にする)

 ・ オモリが底を這うように少し糸をたるませてアタリを待つ。
 (活性の高いときならこれですぐアタリが出る ・・・ らしい)

 ・ わずかなアタリを見逃さず、即アワセ!

 

隣のなおチュウさんの釣り方を真似しながらアタリを待つが、時々エサはなくなるものの全く針掛かりしない。わずかなアタリと言っても、流し釣りなので船が流れるとともにオモリが底を這うので穂先はずっと動き続けており、魚のアタリとの見分けが全くできない。

 

すると、なおチュウさんの竿にアタリが。 お、早速本命か?

 

 

 

 

 

Kimg0057

なおチュウさんの一尾目はなんと良型のメバル。
魚勘丸ではこの季節、尺メバルを狙っての出船もしているようです。

 

なんと良型のメバルでした。明石で釣れたらけっこう嬉しいサイズw

 

 

最初に本命を釣ったのはKさん。しかし単発で、またポイント移動。

その後、なおチュウさん、ぷるるさん、トッキーさんらもぱらぱらと釣るが、毎回単発であとが続かない。浅場のポイントから始め、深場へ言ったり、また戻ったり、船長もいろいろ工夫してくれるのだが、ポツリポツリの拾い釣りといった感じで、入れ喰いにはほど遠い状態。

 

 

 

 

Kimg0058

ぷるるさんの初本命、なかなかの良型です

 

Kimg0059

トッキーさんもなんとか本命ゲット

 

ポイントによってアタリはあるが針掛かりしない場合と、アタリも全くなく、エサも全然なくならない場合とがある。なおチュウさんも掛けるのが難しいと悩んでいたので、今回は活性が低く喰いが浅いのか、小型のエサ取りばかりなのか・・・

 

フグ仕掛けを根掛かりで失った後、カワハギ仕掛けに替えてみた。するとすぐにアタリが出て初本命をゲット ^^v しかしサイズは15cmほどのぎりぎりキープサイズ。

結局誰も30cmクラスの大型は釣れなかったので、サイズは小さめが多く、活性もいまいちだったのか。こういうときには針掛かりしやすいカワハギ針が有効のようで、その後は渋いながらもぽつりぽつりとアタリがあり、最後の2時間ほどで5尾の釣果。気の毒がったなおチュウさんから3尾もいただいて、なんとか家へのお土産を確保できました。

 

フグ釣りの船宿では、きちんとフグを捌いてから持ち帰らせてくれるのが良いところ。魚勘丸さんは旅館もやっており、釣りの後は広間でお茶をいただいている間に捌いてくれる。

フグ毒の心配もないし、帰ってからが楽チン。次回は反省事項を踏まえて最チャレンジだぁ~!

<今回の反省>
根がかりラッシュであっという間にエサキチで買ったフグ仕掛け2枚をなくしてしまい、なおチュウさんの自作仕掛けを分けていただく始末。試しに使ってみたカットウ仕掛けは最初の一投でロスト(泣)

 ・ PE0.8号を使ったため、2度もミチイトとハリスとの結束部分で切れて仕掛けを全部失ってしまった。PE最低2号にすべきだった。これなら根起こしができなくても針が飛ぶだけで済む。 (海藻に引っかかる場合が多いので、引っ張ればとれることも多々あった。)

 ・ カットウの場合はもっと太い糸で、根に負けないものを使うべき。よって喰わせとは別タックルを準備。

 ・ アタリはあるが針掛かりしにくい時にはカワハギ針が有効

 ・ 替え針は十分な数を準備しておくこと!

================================

Kimg0062

当然、最初はテッサ。
薄切りにするのが難しいけど、トラフグよりは身が柔いのでこのくらいでちょうど良いです


 

Kimg0063

残りは唐揚げ。身がほくほくして美味です。
左は去年の暮れに宮川で釣ったゴリ。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック