鳴門のイカ釣りでティップ・ラン初体験

P1020565
 
 
 
 
 

フィッシングクラブOPA!の10月例会が、南あわじ土生港の清祥丸 で開催されました。

 
直前に通過した台風21号の影響で底荒れしていることも考慮してイカ狙い一本で行くことに。
 
Sampeiは先日の明石での経験を元に胴突き仕掛けでスタートしたのですが、午前中でスミイカ2ハイ、アオリ1パイという厳しい状況。
 
 
 
ところが前ではS会長がティップ・ランで順調に釣っている。会長は前の週にプラに来ていて、その時は港のすぐ周辺で入れ乗り状態だったらしい。さすがに前の週とは比べ物にならない渋さだったとはいうもののの、10パイ以上は釣っている。
 
 
昼からはSampeiもティップ・ランの真似事をしてみたものの、スミイカ1パイを追加しただけで合計4ハイと厳しい釣りになってしまいました。
 
 
 
今回お誘いした初挑戦のTさんは、前半全くアタリが分からず苦戦されていたようですが、終盤間近になんとか1パイものにしてくれました。これに懲りずにまたご一緒しましょう!
 
 
Kimg0532
 
本日の初釣果はにっしゃんのスミイカ 
 
Kimg0538
 
ティップ・ランで順調にアオリイカを釣り上げるS会長
 
 
 
Kimg0540
 
老師もなんとかコウイカゲット。この笑顔がいいですね!
 
Kimg0541
 
K部長もコウイカ。この日はコウイカが多かったです。
 
 
 
Kimg0549
 
S会長の今日イチ。プロ写真家の廣田さんが撮影に同船してくれました。 
 
 
Kimg0551
 
アオリ初挑戦のT氏もついにゲット!
足一本で引っかかってましたね!
 
なかなか厳しい釣りではありましたが、天気には恵まれ、楽しい例会になりました。
これからアオリイカはますますサイズアップして、12月まで釣れるそうです。
 
S会長並の巨大サイズも釣ってみたいですね~
 
 
 
 
 
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック