今年も鉄人釣行に挑戦!

 
 
ここ数年、OPA!の8月例会は丹後半島沖でのロング仕立て(早朝~深夜)が定番となっている。
 
 
朝一番に浦島グリの先にある深場でタラ・カレイを狙い、その後タヌキメバル、夕方から深夜はシロイカ(ケンサキ)という豪華3本立ての釣り。
 
当初、7時半出船の予定だったが天気予報により9時出船に変更。おかげでちょうど雨が上がり、暑さも一段落の釣り日和。
 
 
 
 
82
 
最初のタラ場で。タラコならぬ仔タラでした
(写真は伸栄丸のHPより) 
 
 
タラ場の水深は230mほど。港から約2時間の沖なのでそれなりの覚悟はいります。
 
 
下にインチク、胴突き3本針にはホタルイカをセットして投入。トントンと底を叩くように誘いをかける。最初にあがったのはカレイ。
 
 
 
Kimg1163
 
35cmほどの良型カレイ。この海域ではよく釣れます。
 
 
カレイは早速船上干物に。
 
 
Kimg1168
 
風干しでいい具合に干物になりますw
 
 
その後、なんとか仔タラ(上の写真)を追加したが、メータークラスの大物は船中ゲットならず。
 
 
Kimg1159
 
佐々木会長がシマノと開発したインチクセレクション。
 
 
 
 
続いて少し戻り、浦島でのタヌキメバル狙い。
 
こちらも小型中心で数もそれほど伸びず、なんとかお土産確保にとどまる。
 
 
 
Kimg1167
 
インチクモドキ。オモリに取り付けたタコベイトに食ったタヌキ。
 
 
 
 
85
 
本日の殊勲賞。黒田師匠はチカメキントキをゲット
 
 
 
日も傾いてきたのでイカ釣り場へ移動。船長が大雨による水潮の影響を受けないようにと、冠島周辺のポイントを選択。
 
 
日本海のマイカ(ケンサキ)釣りといえば5本くらいのウキスッテをゆっくり巻き上げる釣りが定番だが、今回は最近流行のナマリスッテを使ったライトゲームに挑戦。
 
 
ただし、その前にホタルイカの残りを餌にしてサビキ投入。
 
良型のアジと小サバをゲット。夕食のオカズのバラエティを増やしておくことは忘れません。
 
 
Kimg1175
 
最初の1パイはエダスに付けたウキスッテの方に来ました。
 
 
86
 
全体的にエダスの方に乗った方が多かった
 
 
88
 
ささき会長はレッドヘッドのイカジグでゲット
 
 
23時半頃から大雨が降り出し、約30分の早あがり。
 
イカはSampeiが12ハイと中間くらい。 シマノのMさんはエダスに付けたピンクバックの餌木が爆発して40パイ以上の大釣り。従来型の巻上げ釣りでトライしたメンバーは5~6ハイ。
 
ただし、ライトゲームと従来型の釣り方の釣果は日によって差があるようで、どちらが絶対いいとはいえないようです。
 
 
深夜2時半に帰宅。翌日の夕食は豪華刺身盛り合わせw
 
 
Kimg1182
 
左から時計回りにタヌキメバル、アジ、イカ。真ん中がタラ
 
 
 
Kimg1183
 
サバの刺身。まだ身がプリっとしてました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック