明石のアオリは今が旬!

 

 

去年誘って初アオリをゲットした同僚のT氏からのリクエストもあり、そのときお世話になった明石の鍵庄さんに相談。 

明石のアオリイカはこの季節がベストシーズンなのだが、漁協の申し合わせで土曜日の夜釣りは禁止、日曜日も出られる日が限られているという中、運よく10月6日に小船を仕立てることができた。

メンバーは、T氏他同僚の皆さんと、歯科の主治医であるDr.Mさんの合計7名。

明石のアオリ釣りは最近はやりの中オモリやティップランではなく、伝統的な胴突き仕掛け。40号のオモリでステイト50cm弱の上にヒトヒロ程度のエダスを出す。

慣れてくればもうひとつエダスを付けて2本餌木仕掛けにしても良い。

 

着底が分かったらすぐ1m弱巻き上げ、鋭くシャクる。シャクった後はフリーフォールでアタリを待ち、しばらくしたらまたシャクる。この繰り返し。

時には2~3回巻き上げて棚を探ってみる。

 

日が落ちるまでに6ハイの良型アオリをゲット。

Kimg1298

 

Kimg1296

 

Kimg1304

 

Kimg1297

めっちゃ太った美味しそうなイカですw 

ふと後ろを見ると、めっちゃ竿を曲げている人がいる!

 

海釣りは初めてというバスマン君が大物を掛けたらしい。

 

Kimg1302

さすがバスマン。エギングのラインでよく上げました。

 

獲物は残念ながらリリース。

 

「今回は絶好調!」と笑ったのも束の間。日が落ちると風が出てきて船が流されるのが早くなったせいか、アタリが止まってしまった。

 

9時過ぎまでがんばってなんとかあと6パイを追加。去年に味をしめたT氏も11パイとなかなかの成績。初アオリのDr.Mさんも6パイと健闘。

 

Kimg1306

 

あと一人、釣ってもらえばパーフェクト達成だったのですが、次回に期待することになりました。

 

秋イカはこれから大きくなって釣り味もよくなるベストシーズン。

また是非釣りに行きたいところです。

 

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック