タラ+底モノ+イカ=鉄人釣行

611

前回のリベンジを果たし、タラゲット

異常気象の夏ながら好天に恵まれた8月23日、OPA!の例会で恒例のロング仕立て。

お世話になったのは宮津「伸栄丸」さん。8月2日にも乗せていただいたばかりです。

メンバーは幹事のにっしゃん、怪鳥、老師、くりさん、さきたさん、いうちさん、編集長、昨年もご一緒したシマノのお二人に加え、餌釣り師の秀さんも参戦。

 

まずはポイントの浦島グリまで、一時間半の(使用前)状態。

169

ほっこり中の幹事さん

 

174

前夜遅かったようでお疲れの様子のいうちさん

 

171

元気満杯?(使用前)の編集長とくりさん

 

タラのレンジは水深230m程度。1号~1.5号程度のPEラインを使えば200gのジグでも底が取れます。

 

餌釣り師の秀さんはイワシ、イカタン、ハラモと各種ベイトを取り揃えてトライ。

入れた途端に食わせます。

スロージギングがいいという情報でしたが、餌が一番喰いがよかったようです。

スロージグは横シマ模様の少し長めのタイプ、インチクにもきました。 

Sampeiも最初はジギングで試してみたものの、前回撃沈したリベンジを果たすべく、餌に変更 (^^; 

177

餌釣り師の面目躍如だった秀さん

 

 

178

昼間っからしかも深場でシロイカをヒットさせた崎田さん

 

179

180

タラのラッシュはこんな感じでしたw

 

タラだけでもお腹いっぱいになりそうになりながら、今度はタヌキメバル、オキメバルポイントへ移動。

ここでも秀さんが餌釣り師の強さを発揮しました。

182

グッドサイズのムシガレイ。秀さんさすが!

 

もちろんジガーも負けてはいません。

 

 

185

立派なオニカサゴを仕留めたいうちさん

 

 

184

こちらも深場でシロイカゲット

186

Sampeiは40cmのオキメバルをゲット(餌です) 

187

カジカです。ちょっと可愛いw

 

いよいよイカタイムに突入!

 

 

190

水面下はカタクチイワシの大群 

 

イカも水面から見えるところまで浮いてきてイワシを捕食している。

 

これだけベイトがいればさぞやよく乗るだろうと思ったが、お腹いっぱいなのかぽつりぽつりという程度の拾い釣り状態。

 

192

中オモリのエギングで一人気を吐いたくりさん

194

怪鳥もグッドサイズをゲットしてました。

381

老師の元気さには脱帽です。

午前0時納竿。朝7時から18時間のロングランはさすがに消耗しました。

しかし、これが楽しいんですね!

195

タラ、カレイ、メバル、の豪華3種盛り。カレイは皮面を炙ってみました。

193

40cmのオキメバルの刺身はコリコリした歯ごたえでめちゃ美味い!

 

196

シロイカのお造り。定番です。

 

383

オキメバルのアクアパッツァ。最高ですね!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック