京都総本家にしんそば「松葉」のにしんそば

海のない京都では古来より身欠きニシンが貴重な栄養源として食されていたそうです。

 

そのニシンと蕎麦をあわせて栄養バランスの良い食事として売り出したのがこの総本家にしんそば「松葉」さんだとのこと。

四条と川端通りの角、南座の一角にある超有名店だけにこれまで入る機会がなかったのですが、たまたま14時頃まで食事ができなかったので入ってみることに。

やはり初めてのときは定番のにしんそば(1200円)を食べてみないと。でもお腹がすいていたので大盛り(+200円)を注文。

まぁ、普通に美味しい蕎麦でした。

大盛りはちゃんと大盛りでした。お腹一杯w

Dsc_0824

にしんそば大盛り。

 

ニシンが少ししか見えてませんが、しっかりつゆに浸すことでニシンは柔らかくなり、汁にはニシンの味がしっかり出て美味しくなるのだと思いました。 

Dsc_0827

南座の建物の北西角にあります。

 

総本家にしんそば「松葉」

http://www.sobamatsuba.co.jp/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック