鉄人釣行 体力と精神力の限界に挑戦!

 

K1

チョー厳しい中でゲットした一杯は格別ですね。

思えば最初からつまずいた。

早朝、4時過ぎに到着した黒田老師とともに六甲北有料道路から舞鶴若狭道・京都縦貫で宮津に向かうつもりが、何故か山陽道を西向きに入ってしまい、地道をうろうろしてやっと中国道へ。

早めに出発したおかげで出船30分前にはマリーナに到着できたが、かなりのタイムロス。

 

恒例になったOPA!夏の例会、宮津伸栄丸の鉄人釣行が今年もやってきた。

メンバーは佐々木会長、黒田老師、井内会員、例年参加のしんのすけさん、シマノチーム4名にSampeiの9人。

8時に出船して、1時間半ほどかかる丹後半島沖の浦島グリへ向かう。

 

Dsc_1612

やる気まんまんの老師としんのすけさん

Dsc_1613

まずは体力温存の会長と井内さん

Dsc_1614

「使用前」状態のシマノチーム

浦島グリでは水深250m程度の深海で鱈(マダラ)を狙う。こんなところで、しかも夏に鱈が釣れるのか?

 

今年は餌釣りはあまり釣果に恵まれていないと聞いたが、Sampeiは昨年の経験から餌釣り仕掛けを準備してきたのでまずは餌で挑戦。

 

しか~し、船長の言うとおり、まったくアタリがない。

しばらくはジギングチームも沈黙していたが、スロージギングのシマノチームと井内さん、インチクの老師にほぼ同時にヒット!

 

Dsc_1618

井内会員、スロージグでばっちり

Dsc_1620

老師の巨大タラはインチキ?いや、インチクです。

そうこうしているうちにSampeiは根掛りで天秤をロスト(TT)

さらに、追い打ちをかけるようにPEが高切れ (TT)(TT)

 

結局タラポイントはそれ以上アタリがなく、もう少し水深の浅いタヌキメバル・カレイのポイントへ移動。

 

しっかーし、ここでも激シブ。

老師と井内さんにイシガレイが来ただけであとは沈黙・・・

例年必ず釣れていたタヌキメバルが今年は全く釣れない。

 

仕方がないので白石グリの中に入って釣れるもをを釣ろう作戦。

しかし、ここでさらにPEが高切れ (TT)(TT)(TT) 

イカの予備に持ってきたスピニングリールから電動リールにPEを巻き替えようとしていたら、今度はロッドがポッキリ。 (TT)(TT)(TT)(TT)(TT) 厄日とはこのことか???

タラ用のロッドに戻してなんとか参戦するも、レンコダイ1枚の釣果のみ (TT)(TT)(TT)(TT)

Dsc_1624

しんのすけさんもここまでカレイとレンコダイのみ

Dsc_1625

ここまでの釣果は塩焼きサイズのレンコダイ1枚

夕方6時頃、やっと日が傾いて、最後のチャンス、イカ釣りの始まり!!

Dsc_1628

日が傾いてイカ釣りポイントへ移動

Dsc_1631

Dsc_1634

しかし、イカもすんなりとは釣れてくれない。

約6時間、一時間に1パイくらいのペースで最低の老師は1パイだけ。Sampeiは7ハイの釣果。なんとも厳しい釣りになってしまいました。

 

この厳しい中でイカを乗せるパターンは少し分かった気がするのは今回の成果かな?

なんと言っても、事故なく鉄人釣行を無事終えて帰宅できたのはラッキーだったということにしておきましょう。 \(◎o◎)/!あーリベンジ行きたい!!

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック