祝。阿波哲5周年! OPA!忘年釣行(その2)

明けましておめでとうございます。

忘年釣行、二日目のレポートは「釣場速報」12月25日号に掲載されるということで、ブログの公開を遅らせました。そうこうしているうちに年が明けてしまいましたので、2016年1回目の釣行レポートは昨年12月の阿波哲釣行記(その2)でスタートです。

二日目の釣行は、中深海ポイントにトライ。

佐々木会長は開拓中の中深海のタイラバでオニオコゼを狙います。

ポイントまでは1時間強、水深180m。

Sampeiは阿波哲推奨のスロージギングを中心にやってみることに。

Dsc_2250

開始早々会長が本命ゲット ・・・ しかし、後が続かない。

粛々とセミロングジグをシャクっていた石毛さんが良型メジロをゲットして気を吐きます。

 

 

Dsc_2252

良型のメジロ。ちょっとスリムです。

 

Photo

Sampeiはこのウッカリカサゴと、オニカサゴ・サバ 各1匹。

 

Dsc_2256

今回始めてご一緒したNさんナイスサイズ

 

睨み鯛用をゲットしたので、次回の鯛釣り予定をキャンセル。今日で釣り納めだそうです。

 

Dsc_2260

石毛さんのマダイと崎田さんのサバ

 

今日は石毛さんデーになりました。セミロングのジグを教科書どおりのスローなシャクりでスライドさせる釣りがこの日は良かったようです。

 

会長のタイラバは最初のオニだけで不発。Nさんの真鯛を見て、今日はオニカサゴ狙いやからタイラバで真鯛釣っても外道や!と負け惜しみ。

 

2日に亘った忘年釣行。ちょっと残念な結果に終わりました。

2016年のリベンジを誓って納竿。今年こそ大漁の年になりますように!!

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444291931

この記事へのトラックバック