驚異の紀南、アカイカノマセの記

冬から秀さんが予約してくれていた、南紀のアカイカノマセ釣り。

出船は18時。17時頃に港に到着して船長と話す。

一年前でも週末の予約はほぼ満杯とのことで、すごい人気とおもっていたが、
なるほど、本船と別船の3船あるのだが、一隻あたり4人しか乗れないので
キャパは12人。しかも一人から貸切ができるということなので、予約満杯
はしかたのないところかもしれない。

泳がせのタックルはレンタルもできて、1本1,000円なので、普段やらない
人でもイカ釣りの合間に楽しむこともできる。

さすがにポイントは近くて30分ほどで到着。

20170716黒龍丸別船浦安丸_170719_0003.jpg
もう少しでポイント到着 



20170716黒龍丸別船浦安丸_170719_0005.jpg
別船の赤ひげさん、トッキーさんも戦闘態勢



20170716黒龍丸別船浦安丸_170719_0002.jpg
本日の殊勲メンバー2名


ポイント到着すると、まずイカ釣り。と言ってもまだ明るいので最初はまったりと。
夕暮れになって、ミヨシ側でメタルをやっていたなおチュウさんが連続ヒット。

だんだん暗くなってくると、胴突きの我々にもアカイカが乗ってくる。
早速船長にノマセ仕掛けへの付け方を教えてもらう。


20170716黒龍丸別船浦安丸_170719_0007.jpg
足の付け根あたりから針を入れて泳がせると元気に泳ぎます

前の週は全部で10杯ほどしか釣れなかったというアカイカが、この日はノリがよく、
胴突きだと2蓮も時々。

後半に入って餌木とメタルスッテのライトタックルゲームもやってみたが、
こちらもしばらく入れ乗りが続く。餌木、メタル半々くらいの乗りだった。

その中、突然ミヨシ側でヒット!!!

40765.jpg
カンパチ85cm。立派です。



20170716黒龍丸別船浦安丸_170719_0017.jpg


なおチュウさんにおめでとう!と言って、イカ釣りに戻ったところで、またミヨシが騒がしい。

なんと!

20170716黒龍丸別船浦安丸_170719_0018.jpg
クエ13kg! 池ちゃんおめでとうございます!!



いや~、参りました。今年の初クエだそうです。昨年は7本だったそうなので、本当に貴重な1本ですね。
ちなみにファイト時間は5分以内とのこと。根からはがしてしまえばこのクラスなら十分戦えそうです。

秀さんとSampeiはイカだけ。平均50杯ほどなので、イカ釣りだけのつもりで来ていたら大満足のところですね(笑)





20170716黒龍丸別船浦安丸_170719_0019.jpg
船長が釣ったと思われる90kgのクエ。

「一生幸せでいたければ釣りを覚えなさい」そのとぉーーーり!

この記事へのコメント