幻のビッグファイト

釣行日:2018年8月11日。

昨年のイカカンパチに続いて7月にムロアジノマセで2連敗している周参見の黒龍丸。

三度目の正直を期して乗船。

18時出船だが、お盆休みの帰省ラッシュと重なることを考えて12時に出発。

どうも朝からお腹の調子が悪い・・・

しかし、イカカンパチのリベンジをしなければならない。

近所に住む同船のコマさんをピックアップして周参見へ向かう。

途中、湯浅付近で渋滞があったものの、余裕をもって出ただけあって16時に現地到着。

それでも4時間かかったなぁ・・・ 余裕を持って出発して正解でした。

乗船前に早速、池ちゃんが船長からPEとリーダーの結束でダメ出し、さらにリールもダメ出し。

Sampeiのリーダー結束も、それだと絶対すっぽ抜ける!とダメ出しをいただき、船長に結束してもらう。

そして夕陽に向かって船出w


DSC_0059.jpeg
戦い前の静けさ


DSC_0060.jpeg
このメンバーには初参加のコマさん


赤ひげさんも笑顔w


イカを釣りながら、釣ったイカを泳がせるので、それぞれ2つずつの釣り座を確保。
Sampeiは右舷ミヨシ側で、胴側でイカ、ミヨシに大物仕掛けをセット。

イカは胴突きでもイカメタルでもOK。胴突きの場合、オモリは60号〜80号

大物狙いはハリス8~9号、リーダー220LBでステイトなし、オモリは150号メインで潮が早ければ200号



DSC_0062.jpeg
アカイカは順調に釣れはじめる

周参見のアカイカ(ケンサキイカ)はエサにするにはもったいないくらい美味しい。
最初10杯くらいは順調に釣れる。その後アタリが止まったが、ポイント移動したらまた釣れ始め、
エサにした分とあわせて30ハイ程度の釣果。 



DSC_0063.jpeg
アタリは突然やってくる。秀さんのへっぴり腰。船長から檄が飛ぶ。



DSC_0064.jpeg
60cmオーバーのマダイ。


これでも十分うれしいはずだが、狙いのクエ・カンパチとは違います。
秀さんも「タイしか釣れない」と贅沢にも不満げ。



ポイント移動してぼつぼつイカが釣れはじめた頃・・・・

船長が「きてるきてる!!」と騒いでいる。

あわてて振り向くが、竿が曲がっている様子はない。


それでも「ほら!」というので大物仕掛けのほうへいってみる。

「あ~、もう遅いわ!!! なんかいか引き込んでた。その時アワせなあかん」

と、完全なダメ出し。

イカ仕掛けに気をとられていて絶好のチャンスを逃したらしい。


仕掛けを上げてみると、イカのかわりに魚がついている。30cmほどのクロムツ。

イカを喰ったクロムツに大物が食いついたらしく、クロムツにあったはずのウロコがほとんどなくなっている。

うーん! 残念!!!


そのあと、今度は赤ひげさんに何かがヒット。

しっかりアワせを入れたと思ったら、するするとラインが出てロッドのしなりが戻ってしまった。

PEの高切れ。なんと、ドラグが焼け切れたらしい。

赤ひげさんも愕然。

その後は時間までねばったもののアタリなし。

周参見の海の恐ろしさを思い知った夜となりました。 





DSC_0069.jpeg
大物が喰い損ねたクロムツは翌日の晩ご飯になりました。



この記事へのコメント