フルーツカフェ「ブルーベリー」のブルーベリータルト&チーズケーキ

タルトの上にたっぷり乗ったフレッシュブルーベリーは新鮮そのもの。息子の一番のお気に入りはこれ。国際センターから名古屋駅の間に続く地下街「ユニモール」にあるちょっとイタリアンなカフェテリア風のお店。単身赴任なので、帰宅のときにお土産を買います。栄のリストランテ「イル・ノド」の姉妹店で、フルーツを中心とした食品商社が運営するお店だけに、タルトの上にたっぷり乗ったフレッシュブルーベリーは新鮮そのもの。…

続きを読む

「そば処 とう松」の玄挽き蕎麦

どこの街にでもこだわりの蕎麦屋はあるもので、蕎麦好きとしては木曽川沿いに限らず旨い蕎麦なら食べてみたいもの。「とう松」(「遠松」がもともとの屋号らしい)は、東区泉3丁目交差点のそば。サークルK北隣で、駐車場もある。12時半頃に行ったら前に4人待ちで、我々の後にも2組ほどがすぐに列に加わった。蕎麦屋には珍しい洋風の座り午後地の良い椅子。せいろ1枚600円、追加も600円。2枚を注文すると、先に1…

続きを読む

「まぐろ食堂まりん」の極上大トロ鉄火丼

この鉄火丼に、サラダ、うどん、お新香、さらに一品がついて1500円(お昼)。食べきれないので「ご飯少な目」でお願いしました。「鮪(しび)」でも書いたが、名古屋の人はマグロが好きらしい。高岳のデニーズ(地元では「高デニ」と言うそうです)と、41号線をはさんでちょうど西向かいあたり。こぎれいな店内は、間口のわりに奥に細長い。テーブル席の他カウンターもあるので、一人でも気軽に入れる。お昼のメニューは…

続きを読む

「世界のやまちゃん(錦三大津店)」の手羽先

食べ方は下のマンガ参照多分、名古屋名物で一番知名度の高いのが「やまちゃん」の手羽先だろう。名古屋の手羽先好きは「風来坊」派と「やまちゃん」派がほぼ半々、と言われるが、全国知名度では名古屋万博で名前を売ったやまちゃんだろう。かなりスパイシーな「幻の手羽先(1人前5本399円)」は、下の説明のとおり、簡単に骨から外れてきれいに食べられる。手羽先以外にも、味噌カツなど名古屋定番メニュー&海鮮・炉端メ…

続きを読む

「銀のくら」の辛みそニンニクバターラーメン

出汁は「辛みそ」「純みそ」「しょうゆ」の3種類があるが、辛みそ+バター+ニンニク(800円)がお勧めとあったので頼んでみた。濃厚でぴり辛の味噌味が名古屋的?コシのある中太ちぢれ麺に出汁がよく絡む。海苔が3枚載っており、これで麺を巻いて食べるのがなかなかGood。全体の量は少なめなので、健啖家の方は大盛りの方が良いかもしれない。ネギのトッピング(+150円)を頼んだが、写真のとおり期待ほどのネギ…

続きを読む

「ら・けいこ」の極太濁流ラーメン

撮影禁止のため、ラーメンの写真が載せられないのが残念。「男湯」の暖簾をくぐって入ると、客はやっぱり男ばっかり。麺が標準で300gと書いてあるので、普通のラーメン(650円)で量は十分だろう、と思って頼んでみたら、麺に上に山盛りのキャベツとモヤシが載っていて、まずこれに圧倒される。出汁はやや濃い目で味噌風味を思わせる。野菜はあまり茹でていないので、しっかり出汁となじませてから食べる。濃い目の出汁…

続きを読む

「lecce」のカキスパ

名古屋メシの中で、最も名古屋人に愛され、かつ最も他に知られていないのが「あんかけスパ」ではないだろうか?有名なカレー専門店”CoCo壱番屋”も、カレー以外にあんかけスパのチェーン「パスタ デ ココ」をやっているのだが、岐阜県に数店舗と東京の1店以外は全て愛知県のみの展開となっている。ちょっとぴり辛の、あんかけ風トマトソースが共通の特徴で、この店は他にインディアン(カレー味)ソースと、味噌ソース…

続きを読む

「イル・ノド」 のチョコレートムース

名古屋に来てイタリア料理店が多いことに気がついた。地元の人に聞くと、最近のことだという。2005年にイタリアのトリノ市と姉妹都市提携したらしいので、そのせいかもしれない。この店は最大150人のメインホールに、少人数でも使えるパーティールームを備えた本格的イタリアンレストラン。メンバーのお友達ということで新年会は格安の会費にもかかわらず、スズキのソテーをメインにしたコースディナー。パスタもペンネ…

続きを読む

「かん寅」のひれ酒

名古屋でフグといえばまず「かん寅」、というくらいの超有名店だそうです。当然、てっさ・てっちりの味は言うまでもありません。ちなみに、てっちりは全て仲居さんが作って、各自によそってくれます。これも鍋を最高の状態で、雑炊まで美味しく食べてもらおうという店のこだわりなのでしょう。そして、「ひれ酒」。つぎ酒をするときに、仲居さんがアツアツのお酒にマッチで火をつけて注いでくれます。写真では微妙ですが、きれい…

続きを読む

「楽」の名古屋コーチン鍋

名古屋の中心街錦三丁目にありながら、純和風のたたずまい。高級店に見えるが、値段は手頃、仲居さんは気さく。 75年使い込んだ鋳物の鍋で作るコーチン鍋は八兆味噌ベース。やや甘めだが、これがコーチンの肉に良く合う。最後の〆はきしめん。これがなんと、鍋で煮たきしめんを半分くらいご飯をよそった茶碗に載せる「きしめんメシ」。「ラーメンライス」的B級グルメ味なのだが、コシのあるきしめんとごはんの歯ごたえの取…

続きを読む