洲本沖タチウオはまだまだ熱い!

  例年、晩秋に終る淡路沖のタチウオが昨年に続き年明けまで釣れている。   これはやはりいくっきゃないだろう、ということで今回初めてお世話になる「釣人家」さんに予約の電話。25日の土曜日は暖かくて天気も良い予報だったが、仕事があるので翌日曜日を予約。 土曜日の釣果を見ると、竿頭71本の爆釣!! ところが日曜は荒れそうな天気で出ないかも ・・・・(泣)   夜、電話してみると出船は予定どおり、…

続きを読む

2014年 初釣り

  2014年を占う初釣りは昨年と同じく和歌山の輝丸。船長からの真鯛が喰っているという情報で、あわよくば今年初の大物をゲットしようという魂胆。   しかし、情報から週末までの間に潮は変わる。三連休まで釣れ続けてくれるか?   船長からの情報を伝えてくれたまっさんから恐れていた情報・・・   「やっぱり潮が変わってきたみたいで、昨日出た船は4人乗って鯛4枚と厳しかったらしい」   し…

続きを読む

2013年、釣り納めはメバルとタチウオで

年末の慌しい時期だが、この年末年始は休みが長い。釣り納めは堺の船長さんの船で。   神戸沖にタチウオが集結しているとの情報で堺の船長さんにお願い。   強風の可能性があるので、とりあえず新島周辺でガシラ・メバルをやりながら待機。   にのさん、グッドサイズのガシラをゲット       Hasserさんもガシラ      Sampeiも良型ゲット    メバルもいい型です  …

続きを読む

須磨沖タチウオ撃沈 (TT)

   いい天気だったのに ・・・    たった3本。 船中多い人でも10本くらいでした。       6時半、いい時間の出船です。     船長直伝のイワシの付け方。    尻尾が自由に動く程度に付けるのがコツです。 もうちょっと早く教えてくれたらちょっとは釣果が変わっていたかも。 って、去年も教えてもらったんですが、一年経つと忘れてしまいますね。   骨せんべい  …

続きを読む

鳥羽のウタセマダイ

  例年秋に恒例となった鳥羽のマダイ釣り。ウタセエビ(ヨコエビ)という海エビを生かしたまま針に刺して使うことで有名だ。   鳥羽までは新名神を経由すれば早朝なら2時間半ほどで到着できる。 メンバーは師匠なおチュウさん、秀さん、ぷるるさん、西さん、そして3年ぶりにご一緒する赤ひげさんにSampeiの6名。中佐丸にお世話になった。   恒例とはいえ、年に一回しかチャンスがないので、最初はエビの付…

続きを読む

明石のアオリは今が旬!

    去年誘って初アオリをゲットした同僚のT氏からのリクエストもあり、そのときお世話になった明石の鍵庄さんに相談。  明石のアオリイカはこの季節がベストシーズンなのだが、漁協の申し合わせで土曜日の夜釣りは禁止、日曜日も出られる日が限られているという中、運よく10月6日に小船を仕立てることができた。 メンバーは、T氏他同僚の皆さんと、歯科の主治医であるDr.Mさんの合計7名。 明石の…

続きを読む

アオリの季節がやってきた

そろそろアオリイカのシーズン到来!ということで、堺の船長さんにお願いして新島まわりへ。   船はおなじみのS.F.S(堺フィッシングサービス)  16時出船なので明るいうちに高級魚アコウを狙ってみようということで、まずはサビキで小鯵釣り。コマセもないのに順調に釣れて30分ほどで活餌を30尾ほど確保w   新島まわりのスリットを狙って活鯵を泳がしてみるが、残念ながらアタリなく日没 ・・・…

続きを読む

夏休み! はイカも夏休み?

夏本番!の8月に入って最初の週末。   待望の敦賀合宿はマイカとタイのダブルヘッダーを計画。 メンバーは秀さん、なおチュウさん、ぷるるさん、トッキーさん、しんのすけさん、Sampeiの6名。   船着場に入ろうとしたところで最初のハプニングが ・・・・ ( ̄○ ̄;) なんと、Sampeiが脱輪。しかも前にも後ろにも行けない状態で、あわやレッカー…

続きを読む

暑さにたまらず明石から出船!

    6日に予定していたジギングが仕事で流れたので、たまらず7日に近場の明石から出船。   お仲間は最近ご一緒するようになったデンティストのDr.Mさん。   魚英は朝5時前に集合。夏場は早起きしなければなりません。   受付にはかなりの人数。今日は4隻で出船のようです。     &…

続きを読む

ゴールデンウィークは鳥羽で釣り三昧(その2)

前日は6時過ぎから沈没したので、5時前に目覚めても睡眠十分(笑)   すばらしい朝日に大漁をお祈りしました。       二日目にお世話になったのは、安楽島大橋手前の仲佐丸。   ウタセエビが獲れないと最後までターゲットが定まらなかったが、なんとか確保できたのでマダイ1本狙いで行きましょうとの連絡。期待に胸が沸きます。 …

続きを読む