春告魚はまだ?

メバルは船長とまっさんの釣果

 

メバルには最高の状態! という船長の誘いに期待を膨らませて和歌山へ。

  

迎えてくれたのは、船長が保険所でもらってきたというラッキー。

人懐こいですね。

Dscn0680

Dscn0682

船長が保険所でもらってきたというラッキー。めちゃ可愛い・・

 

 

さて、メバルポイントに入ってすぐに小気味のいいアタリ。

ほくほくして揚げてくると、なんとグレ。船長によると、クチブトでもオナガでもなく、このあたりで釣れる一番美味しいグレだそうな。「新さかな大図鑑」によると、上唇の厚いのが特徴のようで、第3のメジナ、オキナメジナではないかと推測されます。

Dscn0678

その後はまったくアタリなし (TT)

 

船長だけがポツポツとメバルを釣りあげます。さすが腕の違いを感じされられました。

Dscn0681 

まっさんの良型。おめでとう!

Dscn0688

Dscn0689

全員の釣果

Dscn0685

Dscn0684

お土産が少ないのでカメノテと旬の生ワカメを狩りに・・・

Dscn0694

初めて食べましたが、見かけによらず美味です。

1~2分茹でると皮が簡単に剥けます。貝というか、ホヤというか、不思議な味ですが、お酒が進みます。

Dscn0692

船長の釣果もいただいてお土産は十分 

 

Dscn0696

グレとメバルの白ワイン蒸し

 

残った煮汁に剥いたカメノテの残りを加えて、リゾットも作りました。

釣果はリベンジが必要ですが、美味しい釣行となりました。

 

 

"春告魚はまだ?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: