瀬戸内のフグ釣り初挑戦

極寒の季節。それでも釣りに行きたい!と思っていたら最近淡路~明石でショウサイフグ釣りが熱い!
という情報を入手。
最近知名度を上げている海蓮丸に乗船することになった。

少し暖かくなっていたのが週末また寒くなり、金曜から荒れるという天気予報だったので、
最悪日曜日に延期しようと船宿と相談していたが、当日は思ったより穏やかで、寒いながら
陽もさす一日となった。

6時集合。海蓮丸は明石ー岩屋を往復する高速船「ジェノバライン」の船着き場のすぐ横から
出船する。駐車場はないので付近のコインパーキングに停めるのだが、早朝だけに駐車場所に
困ることはない。



20210129_213214965_iOS.jpg
ポイントまで40分ほど走るうちに夜が明ける

ポイントは播磨灘側の深場と、大阪湾側の浅場があるそうだが、当日は西風が強かったので淡路島の風裏になる大阪湾側のポイントへ行くことになった。

フグ釣りは数年前に伊勢湾で初トライして以来。それもカットウはほぼ初めてという超初心者。

ネットで情報を仕入れて、餌ハリの3つ付いたカットウチラシと、最近流行の「かかるんです」の2種を用意。
餌は関東で定番のアオヤギに加え、有効と定評のあるアルゼンチン赤エビの他、冷凍のむきエビを購入してみた。

底を取ったら、オモリが底から20cmくらいとなることをイメージしてこまめに底を取り直す。
なおチュウさんのアドバイスでは仕掛けは底を這わせるイメージで、時々カラ合わせするのが有効とのこと。

最初のポイントは水深30m程度。オモリは30号を使う。
アドバイスのとおりやってみるが、アタリは全く感じない。
他の釣り客もアタリはなさそう。


20210130_013624465_iOS.jpg
底を這わせていたらヒトデが引っかかってきた


30mラインでアタリがないので、15分ほど走って50mラインのポイントに移動
底が取りにくく苦労したが、トモのお客さんがこの日の初ヒットを釣りあげて船長も嬉しそう。

しかし、上潮と下潮が反対で、底についているかどうかわからず、お祭りが頻発。
そうこうしているうちに、隣で釣っていたイチロー君の竿が曲がる。

上がってきたのはこの日一番の良型。
お祭りかと思って上げてきたらかかっていたようで、アタリは分からなかったらしいが、
このサイズが釣れたら嬉しいな、という大きさ。

明石周辺のポイントはフグが大きいのが特徴だと聞いていたが、釣り荒れてしまわないでほしい。



20210130_021613942_iOS.jpg
イチロー君の良型

あまり釣りにくいのと船長の弟さんから元の浅場で釣れているとの情報が入り、また20分ほどかけて移動。


船長から移動が多かったので30分ほど延長します。とのアナウンス。それでもアタリはなく、13時を過ぎる。

初釣りに続いて撃沈か、とあきらめかけたところでフグらしいアタリ。思い切って即アワセしてみたら、どうやら掛ったらしい。
途中、喰い上げている感じで軽くなったが、首尾よく釣り上げることができた。


20210130_043746971_iOS.jpg
今年の初釣果

最後の最後に良型を釣り上げることができ、なんとかBZ逃れ。
いろいろ課題の残る釣りでした。



20210130_051256922_iOS.jpg
港に入るところでジェノバラインが後ろに付いた



釣果は海蓮丸が経営する寿司屋でさばいて持ち帰りさせてくれる。少し待つが、帰ってからは楽ちんです。

貧果だったので船宿から冷凍のフグのお土産があり、翌日の夕食は3尾でテッサ、唐揚げと鍋のフルコースを楽しめました。
個人的には鍋より刺身と唐揚げがお勧めかな。


20210131_095443268_iOS.jpg
自分で釣った1尾はテッサになりました。




"瀬戸内のフグ釣り初挑戦"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: