敦賀夜イカ撃沈の記

5月22日(土)夜イカ便

ちょっと時期が早いかな、と思いながらも、敦賀での陶芸窯造りの作業の合間に夜イカ釣りに乗船。

メンバーは仲間内らしい8人ほどの団体と、個人釣行の方1名。 遊幸丸は大型船なのでゆったりと釣ることができるが、さすがにちょっと時期外れなのか?

越前沖のポイントまでは40分ほどだが5時出船ではまだ日が高いので船長ものんびり走る。




20210522_081304230_iOS.jpg
朝は雨が降ったが日差しが戻り釣り日和に

日の高いうちは飯でも食べててや、と船長。
そうは言ってもみんなシャクり始める。

Sampeiの釣り座は左舷のミヨシ。

まずはメタルスッテは赤緑、上針には茶系の餌木2号でスタート。

7時半過ぎ、やっと日が落ちたころ、隣の人にファーストヒット。メタルスッテはオレンジ。え、そんな色持ってない・・・

次に釣った人は赤緑だったので、上下とも赤緑に変更。しかしアタリがない。

すると艫側の団体さんの一人がオモリグを使い始める。見ているとチャート(黄色)やオレンジが当たっている。


これを見て1個だけあった金・白の縞模様のメタルスッテと、オレンジの餌木の組み合わせでトライ。


なんとか最初の1つをゲット。


20210522_133452484.jpg
なんとかボ〇〇逃れ。メタルの方にヒット

その後やはり底を探って2つ目。今度はオレンジの餌木に乗ってました。


20210522_133452484_iOS.jpg
貴重な釣果。型がよかったのだけは救われました


一番多い人で6匹。0の人も、という厳しい日でした。全般的に型は良かったので昨年の残りでしょう。
今年生まれた新子が出てくればまた釣れるようになると思います。リベンジに行けるかな?


20210523_110527849_iOS.jpg
自作の器に盛りつけたイカ刺し




20210523_110440777_iOS.jpg
ミミとゲソをエリンギ・タケノコとのオイスターソース炒め。
ホウレンソウをトッピング


"敦賀夜イカ撃沈の記"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: